買い物カゴを見る マイページへログイン ご利用案内 メールお問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

【通販商品】黒豚やきトンの美味しい焼き方レシピ

(1)材料を解凍しておきます。冷蔵庫で一晩かけての解凍が一番ですが、お急ぎの場合は常温解凍を!室温により解凍時間は変わりますが、室温25度で1時間くらいが目安です。絶対、解凍しすぎないでください。解凍しすぎると水分が出てきて、せっかくの美味しさが流れ出てしまいます。本来、冷凍肉を解凍してドリップがでるのは、冷凍前の鮮度がいい証拠。でも、いくら冷凍前の鮮度が良くても、解凍時に美味しさを逃がしてはもったいないことです。だから、できるだけドリップは避けたいもの。美味しく食べるためには、解凍しすぎないことがポイントです。

黒豚やきトンの美味しい焼き方1

(2)塩を振りかけ、10分ほど馴染ませます。実は、塩をふるのは味付けというより、お肉の美味しさを引き出すためです。少し時間をおくことで余分な水分が取り除かれます。その一手間が美味しく食べる二つ目のポイントです。でも、味噌だれで食べるから、少々控えめにふってください。

黒豚やきトンの美味しい焼き方2

(3)次にフライパンは予熱をした中火で(IHをお使いの方はお水を落としてころころと水滴が転がるくらいが目安です)、ホットプレートは180度設定で温め、テフロン加工のフライパンやホットプレートならそのままで。鉄など付きやすい素材のフライパンなら薄く油をひきます。黒豚の脂身にはコラーゲンがたっぷり!その油を上手に利用していただくために、油はひかないか、ごく少量で。良く温まったら、お肉をフライパンの上に。三つ目のポイントは、お肉を置いたとき「ジュワッ」となるくらいまで、フライパンを予熱することです。

黒豚やきトンの美味しい焼き方3

(4)最初に片面、2分ほど焼きます。ジュウ、ジュウと焼き音とともに、お肉の焼ける食欲をそそる香りがただよいます。健やかに育った黒豚の焼ける香りは、少しだけフルーティーです。

黒豚やきトンの美味しい焼き方4

(5)焼き加減を確かめて、ひっくり返して約2分。お肉から出てきた油がピチ、ピチっというくらいがほどいい焼き加減です。四つ目のポイントは焼き色も調味料ということです。焼き色があまいと美味しさを閉じ込め切れません。程よい焼き色をつけてください。でも、焼きすぎにはご用心!

黒豚やきトンの美味しい焼き方5

(6)両面にいい焼き色が美味しそうについたところで、蓋をして火をしっかり通します。3分ほど蓋をして焼きたすと、芯まで火が通り美味しさも逃がしません。

黒豚やきトンの美味しい焼き方6

(7)しっかり火が通ったところで、蓋を開けると、美味しい香りとともに黒豚焼きトンの出来上がり。

黒豚やきトンの美味しい焼き方7

(9)お皿に盛り付け、アツアツに「秘伝のみそだれ」をたっぷりつけて、どうぞお召し上がりください!

黒豚やきトンの美味しい焼き方8

★ワイワイ楽しく、にぎやかに。ホットプレートを囲んで、ゆったりとした時間を。こんな楽しみ方もひびきのセット商品なら可能です。皆様の団らんやお集まり、パーティーなど、生活のさまざまなシーンで大活躍します!ぜひ皆様でお楽しみ下さい。日本全国のお客様へお届けしています。

黒豚やきトンの美味しい焼き方9黒豚やきトンの美味しい焼き方10黒豚やきトンの美味しい焼き方11

※上記3枚の写真はイメージです。

日野美百合

コーディネート担当:小江戸三昧 日野美百合(ひの みゆり)