買い物カゴを見る マイページへログイン ご利用案内 メールお問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

マリアージュ〜HIBIKI MEETS WINE〜

マリアージュとは、フランス語で「結婚」の意。ワインは料理を引き立て、料理はワインの味を際立たせることから、ワインと料理の相性を意味する言葉として使われています。今回、都内有名ホテルレストランのシェフソムリエを務められた経験をお持ちの富田裕之氏をお招きし、ひびきのやきとりやモンドセレクション最高金賞「秘伝のみそだれ」と、富田氏がセレクトしてくれたワインを合わせてみました。きっと新しい美味しさや楽しさを発見できるはず。あなたのマリアージュ、ぜひ探してみて下さい♪(※当サイトにて販売していないやきとりの種類もございますが、予めご了承下さい。)

ソムリエ 富田裕之氏

1975年、千葉県生まれ。社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A)認定シニアソムリエ。前都内有名ホテルレストランのシェフソムリエ(ソムリエ長)。明るい雰囲気の中で、お客様にリラックスしていただけるよう心のこもったサービスを提供し、ワインに対する深い造詣と愛情、周囲を明るくする優しい人柄、優雅で端正なスタイルは多くのファンを持つ。海外はフランスから日本国内の生産者のもとを訪ね、情報収集や研究も欠かさない姿勢は真摯そのもの。近く独立し都内に自身の店を開業予定。新たなステージへ挑み、さらに飛躍が期待される若手ソムリエ。

〜ひびきのやきとり、秘伝のみそだれにぴったりの1本を選ぶとしたら〜

ひびきのやきとり+秘伝のみそだれ+ヒューゲル アルザス リースリング 2004

ひびきのやきとり秘伝のみそだれヒューゲル アルザス リースリング 2004

TOMITA’S VOICEリースリング種は、フランスのアルザス地方、ドイツのモーゼル・ザール・ルーバー地方、ラインガウ地方などで収穫されるぶどう品種で、華やかな芳香、繊細でフレッシュな味わいや豊かな酸味が特徴で、バランスのとれた味わいがあります。今回、メインのワインとして「ヒューゲル アルザス リースリング 2004」を選んだのは、ワインにあるさまざまな要素を兼ね備えているからです。どんなものにも合うオールマイティーな鉱物的な香り、酸にもしっかりあり、脂を消してくれたり、果実感も十分にあります。フランスやドイツ北部でも、豚肉とリースリングはよく合わせるんですよ。「秘伝のみそだれ」とももちろんいい相性です。ヒューゲル社は、アルザスの伝統的な作り手で、私もアルザスを訪れると、よくお世話になっています。
(フランス/白ワイン/リースリング種)

〜個々の素材とワインのマリアージュを楽しみましょう〜

彩の国黒豚やきトン串+秘伝のみそだれ+アート&バン グラン・プルミエ・クリュ オーセロワ 2004

彩の国黒豚やきトン串秘伝のみそだれアート&バン グラン・プルミエ・クリュ オーセロワ 2004

TOMITA’S VOICEこれはルクセンブルクのワイン。オーセロワ種は、ミネラル感があり、太陽があたった石や花の香り、果実味も豊か。酸が穏やかで、ボリューム感があり、彩の国黒豚の美味しさと、とてもよく合います。上品な彩の国黒豚の脂を生かしてくれる味わいです。ネギとも合いますよ。柔らかく、フルーティーなので、女性にとても人気のあるワインです。「秘伝のみそだれ」ともぜひ合わせて下さい。
(ルクセンブルク/白ワイン/オーセロワ種)

特選かしら串+秘伝のみそだれ+ポテル・アヴィロン ムーラン・ナヴァン キュヴェ・エクセプショネル ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005

特選かしら串秘伝のみそだれポテル・アヴィロン ムーラン・ナヴァン キュヴェ・エクセプショネル ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005

TOMITA’S VOICEかしら独特の食感、野性味、血のような鉄分をふくんだ味わいに、ボージョレのガメイ種、村名クラス(クリュ・ボージョレ)の中で一番力強いとされるムーラン・ナヴァンを合わせました。ポテル・アヴィロンは丁寧な作り手で、いいワインを生みます。「秘伝のみそだれ」にもよく合います。かしらの香りをぶどうの香りが包み込みんで、いいですね。ピノ・ノワール種やカベルネソーヴィヨン種、メルロー種とも違う、ガメイ種がかしらにぴったりです。
(フランス/赤ワイン/ガメイ種)


ももねぎま串+ギィ・ビュシエール ブルゴーニュ・アリゴテ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2004

ももねぎま串ギィ・ビュシエール ブルゴーニュ・アリゴテ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2004

TOMITA’S VOICEアリゴテ種は、フランス・ブルゴーニュ地方で収穫されるぶどうの品種の1つ。鶏肉によくレモンを添えるように、アリゴテの強い酸を生かし、もも肉の横に添えるようなイメージ。肉の脂を引き立たせてくれます。まだ若いワインなのでネギにもよく合います。この作り手のアリゴテの木は、樹齢50年以上のものもあるそうですよ。樹齢が増すにつれ、地中のミネラルを引き上げ、よいワインを生むぶどうを実らせます。通常のアリゴテとは違う果実味がありますね。
(フランス/白ワイン/アリゴテ種)

鶏レバー串+シモン・ビーズ ブルゴーニュ・ルージュ レ・ペリエール 2004

鶏レバー串シモン・ビーズ ブルゴーニュ・ルージュ レ・ペリエール 2004

TOMITA’S VOICEピノ・ノワール種は、フランスのブルゴーニュ地方やオーストラリア、アメリカ、ニュージーランドの一部などで収穫される高級赤ワイン用品種の1つ。果実感、ボリューム感があり、淡い色調は一見優しいけれど、底力というか奥行のある味わい。レバーの味わいは血の香り。ピノ・ノワール種が持つ味わいの余韻がレバー独特の香りを穏やかにしてくれます。ジビエには、ピノ・ノワールをよく合わせますよね。素材の良さを引き出し、くせや特徴があるものは抑えてくれます。ぜひお試し下さい。作り手のシモン・ビーズは、奥様が日本人ということでも人気がありますね。
(フランス/赤ワイン/ピノ・ノワール種)


鶏皮串+シャトー・トゥール・デュ・オー・ムーラン1999 ルメール・フルニエ ヴーヴレ ペティアン ラ・ガジール2004

鶏皮串シャトー・トゥール・デュ・オー・ムーラン 1999(左)

TOMITA’S VOICEフランス・ボルドー地方、サン=ジュリアン村とマルゴー村のほぼ中間に位置するキュサック村のワイン。鶏皮には旨味が凝縮しています。焦げた香りに合い、また脂を洗い流すという意味で、カベルネソーヴィヨン種、メルロー種を用いたワインが合うと思います。
(フランス/赤ワイン/カベルネソーヴィヨン種、メルロー種など)

手羽先串ルメール・フルニエ ヴーヴレ ペティアン ラ・ガジール 2004(右)

TOMITA’S VOICEフランス・ロワール地方のシュナン・ブラン種の微発泡ワイン。独特のぶどうの甘み、コク、ミネラル、酸味、様々な要素がバランスよく、手羽先に合います。
(フランス/白ワイン・微発泡/シュナン・ブラン種)


彩の国黒豚や「秘伝のみそだれ」を用いた料理の数々と源作印ワイン黒豚劇場川越入り口店でもワインを楽しめます!
秩父の地ワイン 源作印ワイン(赤・白)360ml

ひびきが運営する黒豚劇場川越入り口店は、既成の概念に捉われない発想から生まれたダイニングスタイルの店です。「彩の国黒豚」の味わいを趣向を凝らしたさまざまな料理で楽しめ、埼玉県全36蔵の日本酒がいつでも勢ぞろいしています。黒豚劇場川越入り口店では、埼玉県産ワインも楽しめます。その名は『源作印ワイン(赤・白)』。日本百名山のひとつである雄大な両神山の麗、奥秩父のふところで育まれた良質なワインです。

TOMITA’S VOICE白は、日本酒みたいなニュアンスがありますね。こちらの赤も美味しいな。どちらも冷やしたほうが美味しく飲めますね。「彩の国黒豚」と一緒に、自由にワイワイ楽しんでほしいワインです。ワイングラスはもちろん、湯飲みなどの陶製のもので飲んでもいいのでは?最近、日本らしいワインの楽しみ方もありだと思っています。

黒豚劇場川越入り口店サイト(ぐるなび)